設計士の選び方

注文住宅を依頼するなら設計事務所へ

自由設計の注文住宅は、外装から内装まで細部にわたり自分の理想の住まいを実現することが可能です。このような注文住宅を建てる場合は、設計士や建築士のいる設計事務所に依頼しましょう。住宅建築を手がける業者は、ほかにも大手のハウスメーカーや地域の工務店がありますが、ハウスメーカーの場合は同じ規格の建材を大量生産しますので原則、自由なデザインの住宅には対応していません。ハウスメーカーの規格住宅も間取りの変更や設置する窓の変更などは可能で、壁紙や照明、暖房器具などを選ぶことはできますが、デザインそのものはほぼ変更できません。工務店の場合、ハウスメーカーの下請けのところもあれば、設計を手がけているところもあり工務店によって違いがありますが、基本的には施工が主体となります。

設計事務所は自由度が高い分、コストも割高に

設計事務所の場合、依頼者の希望に沿って外観のデザインから間取り、工法、建材などを決めていきますので、設計やデザインの自由度は格段に高くなります。また土地の形状や立地条件などに制約がある場合でも「できません」とは言わず、あくまでも施工主の立場になって解決策を見出してくれます。実際の工事は下請けの工務店が行うことになりますが、期間中は設計事務所が工事の進捗状況を細かくチェックしますので、安心して引き渡しを待つことができるはずです。ただし、設計事務所に依頼する場合は建築費に加えて設計費用、工務店を監理する設計監理費用などが別途必要になりますので、総額はハウスメーカーや工務店に依頼するよりも高くなるので注意が必要です。