設計士に依頼するメリット

注文住宅は設計士に依頼するのが一番

住宅を新築する場合、ハウスメーカー、工務店、設計事務所の3つから選ぶことになります。ハウスメーカーは全国展開する大手企業が中心で、同じ規格で建設する規格住宅が中心です。同規格の建材を大量に製造することでコストの低減を図りつつ、総じて高い品質を実現しており、アフターサービスにも力を入れていて失敗は少ないと言えます。しかし全国の支店を展開し、多額の広告宣伝費も投じており、その分は価格に上乗せされています。また、提供している規格住宅は、多少の融通はききますが、自由度は決して高くはありません。 一方、工務店は地元に密着した中小企業が多く、全国展開するハウスメーカーに比べるとコストパフォーマンスに優れています。設計も行っている工務店もありますが、設計の能力やデザイン性は工務店によって開きがあるようです。あくまでも施工がメインなので、思い描いた住宅を実現できるかどうかは、業者選びにかかっています。

デザイン性重視なら設計事務所が最有力

建築士や設計士が在籍する設計事務所の場合は施工主の希望をふまえ、一から設計をしていきます。自由度が高く、理想の家を実現するための最有力候補といえるでしょう。自分好みのお洒落なデザインの家を建てたり、土地の制約に応じて柔軟な設計をすることも可能です。実際の工事は設計事務所ではなく工務店が行うことになりますが、設計事務所が施工主の代わりに施工状況を細かくチェックしてくれるので安心です。ただし工務店を管理監督する「設計監理業務」に要する設計監理料が必要となります。したがって、設計事務所に依頼する場合は建築費に加えて設計料、設計監理料が上乗せされることに注意しましょう。また、自由設計の注文住宅の場合は一般的に工期が長くなりますので、その間の仮住まいの費用なども別途必要になる場合があります。