注文住宅のデメリット

予算がオーバーしてしまうかも?

憧れの家造り。こだわりがたくさんあって注文住宅に決めた人もいるでしょう。しかし、注文住宅でありがちなのが、当初の計画よりも予算がオーバーしてしまうことです。やっぱりフローリングは無垢材にしたい、お風呂やキッチン設備のグレードを上げておきたい、外構に予想よりもお金が掛かることが分かったなど、後になって理想が膨らんできたり、調べが足りず予算配分がズレてしまったりと理由はさまざまです。

ほとんどの人は、初めはしっかり資金計画を練り、厳しく予算を守ろうと思っています。しかし、自由に選べる注文住宅だからこそ、最後までその意志をつらぬくのは意外と難しいのです。希望やプランの変更があったときは、その都度、営業担当者に資金計画表を提示してもらうなど、細かなチェックを大切にすることで、予算のオーバーを防ぐことができます。

暮らしにくい間取りが出来上がってしまうかも?

注文住宅は自由に間取りを決めることができます。家族みんなの希望を反映した、こだわりの詰まった間取りを作ることができるのです。しかし同時に、それがデメリットになってしまうときも。こだわりや希望が多いということは、図面にまとめるのが大変ということでもあります。しっかりヒアリングして希望やこだわりを存分に反映させながら、設計上の都合や生活動線も考慮しつつ間取りを作るには、設計者にもかなりの技量やセンスが必要になります。

施主の希望をそのまま反映させただけの家では、プライベートゾーンの確保がしっかりされていなかったり、動線がイマイチで生活しにくいことも。そんなことを防ぐためにも、注文住宅を建てると決めたら、設計事務所でも住宅メーカーでも、まずは確かな技術を持った、「この人にならまかせられる」という設計士をしっかり選ぶことが大切です。